<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カルトナージュレッスン  春ピンクのジュイ柄 バインダー

 

2月最初のカルトナージュレッスンに行って来ました.

先日まで各地で大雪を降らせていたお天気も
その日は一気に13℃まで気温が上がり,
何だか春が近づいたような気持ちになりました.


そのせいか, カルトナージュ作品の生地選びも
「春らしさ」を意識したピンクのトワルド ジュイに





白地にやわらかなピンクの柄が
とってもキュート


可愛らしさプラス大人っぽさも感じられる
素敵なバインダーに仕上がりました.






コロンと可愛いタッセルも
ピンクとグリーンで春らしさをプラスしました.




このタッセルはお気に入りで
同じものをiPhoneにもつけてみました.

ゆらゆら揺れて, なんとも可愛らしいiPhoneに変身




もちろん
タッセル同様, バインダーの中は
やわらかグリーンのドットモアレで.



ペパーミントなグリーンは私の大好きなカラーです.





春になれば, 新しいことをしたくなり
バインダーの出番も多くなることでしょう.

待ち遠しいですね.



読んだよ, の足跡代わりに押して頂けると嬉しいです.

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ




カルトナージュ レッスン 5
 

トワルドジュイ(toile de Jouy)でペールメールを作成しました.





ブラックの柄に淡いベージュ地のジュイは
とてもエレガントで優しいイメージ.

リボンの色は写真よりも, もう少し落ち着いた
シックな淡い茶色に近いカラーです.


レッスンに通って, この柄が「toile de Jouy」ということを知りました.
きっとどなたも, どこかでご覧になられたことのある生地ですよね.

私も以前から好きだったのですが
近くで手にとって見たのは初めてで
やっと出逢えた嬉しさで心が一気に満たされたようでした.


        

トワルドジュイ(toile de Jouy)は18世紀, フランスで生まれました.
ヴェルサイユの近くのジュイという村に製作所が作られたのが始まりです.
現在はその製作所の跡地に、toile de Jouy博物館が建っています。

フランスへ行ったら, ぜひ行ってみたいところです

トワルドジュイは今までの製法のように色糸での織物ではなく,
モチーフを生地に印刷することで,
今までよりも多く, またモチーフも豊富に生産可能となりました.

 

色も豊富で, シックな黒からピンク, ボルドー, 緑, 紺, 茶色など
どれもみな美しく愛らしいものです.

またモチーフも色々あって,
田園風景や優雅な貴族の生活のような柄,
また花や植物, 神話など, コレクションしたくなるようなものばかり....
円やストライプや菱形が組み込まれたものなども面白く,
本当に見ていて飽きません.


これからもたくさんの素敵なトワルドジュイ(toile de Jouy)で
カルトナージュ作品を作ってゆきたいと思います.



読んだよ, の足跡代わりに押して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ

今年の初レッスン
JUGEMテーマ:カルトナージュ・布箱・エスカ…


今年初のカルトナージュ レッスンに行ってきました.

14:00からのレッスンに参加したのは初めてで
帰りはすっかり日も落ちて真っ暗.
夜の心斎橋は久々だったので
思わず iPhoneでパシャリ




心斎橋の賑やかな明かりと
御堂筋を走る車のライトがとても綺麗でした.




ディオールやフェンディの入っている
エトワール心斎橋





大丸心斎橋 北館の miumiu


クリスマスの頃はイルミネーションでもっと綺麗だったんでしょうね.


さて
カルトナージュ レッスンの方は
フォトフレームの制作をいたしました.

回数を追うごとに、行程も増え,
小さなフォトフレームですが,
たくさんのパーツを組み立てながら
ひとつひとつ進めてゆく作業は
「楽しすぎる〜」の一言でした.






生地や小物(今回はタッセルとリボン)を選ぶ楽しさは
カルトナージュの醍醐味だと言えます.

どう組み合わせるかによって, イメージがガラリと変わり,
作っている本人でさえ驚くような
素敵な作品が生まれる喜びは, 何ものにも変えられません


読んだよ, の足跡代わりに押して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ


カルトナージュ レッスン3
 

今年最後の日、今年最後の更新となりました。

11/5にブログをスタートさせ
わずか2ヶ月ですが,たくさんの方にご覧いただき
とても,とても,嬉しく思っております


           


40歳を過ぎて, ふと「これからの事」が頭をよぎる事が時々あり,
「このまま年老いていいの?」
「今死んでも後悔はないの?」と
しきりに自問自答を繰り返していました.


2010年の9月頃までは, 普段の日常と変わりなく
家事に仕事にと時間に追われながら
なんとなく「こんなものか...」と過ごしていました.


それが、素敵な刺繍の本を偶然旅行先で見つけ,
「何かを創作したい」という
眠っていた私のハートに火がついたのが全てのきっかけです.


それからは「したいものは全部する」と心に決め,
刺繍・カルトナージュを習い始めました.

そして最近では「ポーセラーツ」のレッスンもスタート.

10月から今日までの3ヶ月は
本当に夢のように楽しく, 充実した日々を過ごしました.


           


2011年は「刺繍・カルトナージュ・ポーセラーツ」の技術を習得し,
さらに磨きをかけて「私らしい作品」を創作して行こうと考えています.


将来的に自分が学んだことを,
多くの方にお伝えできるスペースを持つことを目標に,
充実した2011年になるよう, 楽しみながら頑張ります.



           


さて, 今年最後のカルトナージュレッスンは
カリキュラム外の素敵なCD BOXを制作いたしました.



この季節にぴったりのファーを使った個性的な作品です.

中の生地が大好きなエッフェル塔なのが キュートでしょ




ファーも, リボンも, パリも, エッフェル塔も...みんな大好きなモチーフばかり.

女の子に生まれて本当に本当に良かったですね


みなさまも良いお年をお過ごしくださいね.
そしてみなさまの2011年が
素晴らしい年になりますように...



読んだよ, の足跡代わりに押して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ







カルトナージュ レッスン.2


12月に入って2回目のカルトナージュ レッスンに行ってきました.
今回のカルトナージュは小さな「リングBOX」です.


たくさんの生地の中から,
淡いベージュのモアレ生地をメインの生地に選びました.
ゆらめくような波形の地模様が美しい,
見ていて飽きない生地です.


BOXの外周に飾るブレードは
ベージュのモアレ生地と同系色.
そしてBOXの蓋を飾るリボンも,
大人可愛いく黒のベロアにしました.

こんな感じ




BOXの中は悩んだ末、サーモンピンクのスエードのような
滑らかな触り心地の特殊紙になりました.
紙だとは到底思えない、素敵な素材です.

こんな感じ









デジカメが突如壊れてしまったので
ケータイでの撮影となりました.


カルトナージュ, やはりすごく楽しいです


そして再確認したことは
どんな生地を選ぶのか,
それにどんな飾りを施すのかで
大きくイメージが変わるということ.


先生はヨーロッパやアメリカの布地を輸入し
私もその中からチョイスしています.


先生の輸入する生地がどれも間違いなく美しいので
どれを組み合わせても失敗がないのでしょう.


と、言うことは
全ては仕入れから始まっているんだ...., と思います.


私のカルトナージュ レッスンは,
技術を習得するという事にプラス,
その周りのいろいろな事...

例えば生地のこと...,
種類や入手方法や,使い方etc...
台紙のこと,
リボンや金具などの飾りのこと,
作品と布地の選択のこと,
色や素材の組み合わせ方...
などを学ぶ大切な時間なのです.

真剣に楽しみながら取組みたい〜 と思います.
 

読んだよ, の足跡代わりに押して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ


カルトナージュ レッスン.1

カルトナージュの体験レッスンに行って来ました.

今回, 初めてという事で「リボントレイ」の体験レッスンを受けました.

サロンは明るく, とても素敵な空間でした.
たまたま本日のレッスンは私一人で,
先生にすご〜く丁寧にお教えいただく事ができました.

私の選んだ生地はピンク.
お菓子のようなトレイをイメージして選びました.




初心者の方でも簡単に制作できる様に,
先生がキットにしてくださっているものに.
生地とリボンをたくさんの中からチョイスして制作開始.

ベースになる厚紙をカッターでカットするところから
「か, かたい...」と四苦八苦.
カッターの使い方から厚紙の切り方まで教わって, 何とかクリアーしました.

生地に印を付けてカットし, 厚紙を貼って行くのも緊張してしまいます.
生地が美しく, ボンドの付け過ぎやはけの塗り方の方向などで,
仕上がりに大きく差が出るようです

リボンはチョコレート色にしました.
先生に綺麗なリボンの結び方を伝授いただき感激
この年でも, 知らない事ばかりです〜.




写真が全くの素人でスミマセン
もっと実物は可愛いんですよ〜

最後に内側の四辺にパールの飾りを付けてできあがり.
パールの飾りがくっつくまで,
先生がケーキとお茶を出してくださいました.

カップやお皿, マットも素敵で,これってやっぱり
その方の持つセンスなんだな〜と改めて感心しました.

たくさんの事を先生にお聞きすることが出来て
本当に充実したレッスンでした.

帰宅して飾ってみました.






はじめてのカルトナージュでした



読んだよ, の足跡代わりに押して頂けると嬉しいです にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ


カルトナージュ レッスン
JUGEMテーマ:カルトナージュ・布箱・エスカ…


カルトナージュをきちんと学ぼうと思い,
スクールをずっと探していました.

大阪在住なので, 探せばたくさんあると考えていたのですが,
関東に比べてやはりまだまだ少ないな〜という印象でした.
それでも20件以上のスクールを確認することができました.

        

探す方法はインターネット オンリー.

インターネットでカルトナージュを検索するメリットは
そのスクールの講師の方の作品を,
視覚で確認できるということに尽きると思います.

普通のカルトナージュを学びたい訳じゃないんです.
普通のカルトナージュのスクールなら
関西にもいくつもあったんです.

私の学びたいカルトナージュは,
ヨーロッパ, 特にパリのイメージを強く持つ,
繊細で華奢でありながら,
しっかりした技術で作られたカルトナージュです.

        

でも、何日も検索したのですが
私の求めるカルトナージュ スクールは
関西圏内では見つかりませんでした.

関西に無いのなら東京までレッスンに行ってもいいと,
東京に無いのならパリまでレッスンに行ってもいいと,
そう思いはじめていた矢先き
理想のお教室に辿り着いたのです.



他の方はどうかわかりませんが, 私はこう思うんです.
高い技術や経験よりも魅力を感じるもの, それはセンスだと.

いくら高い技術を伝授して頂けると言われても
洗練されてないものならば,
それは私にとって価値のない事と一緒なんです.

スクールのサイトひとつをとってみても,
隅々まで行き届いている洗練された居心地のいいサイトからは,
その作品や講師の方のライフワークまでもが
ワクワクさせてくれる, 不思議な力があると思うのです.

        

11月の中頃からレッスンに行く事になりました.
まずは体験レッスンから.

もう東京やパリまで行かなくても
大阪で納得したレッスンを受けられると思うと
本当に嬉しいです.

根気よく探し続けて良かった〜


読んだよ, の足跡代わりに押して頂けると嬉しいです にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ